ニキビ思い出
ホーム > 健康 > 脚気は重症の場合激しい呼吸困難に陥る心不全さえありえる

脚気は重症の場合激しい呼吸困難に陥る心不全さえありえる

体重を落としたいがためにカロリー摂取を抑える、食べる量を落とす、こうした生活スタイルが結果的に栄養を不充分にさせ、冷え性をもたらしていることは、盛んに言われ続けています。

赤ワインに多く含まれるポリフェノールの作用は、ビタミンEやビタミンC等とは違っていて、細胞間の脂溶性部分、水溶性の部分、ひいては細胞膜に関しても酸化を防ぐ役割があるそうです。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は、グラム陽性球菌のブドウ球菌属の細菌で、大別すると毒の力が極めて強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と、毒素がほとんどないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が挙げられます。

流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに対応した医者要らずの予防術や、病院での治療といった類の、当たり前の対応措置は、実は季節性のインフルエンザであっても、タミフルなどが効かない新型のインフルエンザでも大きくは違いません。

AEDというのは、医療職に就いていない素人でも使用可能な医療機器で、本体に内蔵されている音声ガイダンスの手順に沿って行うことにより、心臓の心室細動の治療効果を可能にします。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンに関しては、以前からの豊富な開発研究により、予防の効能が見込めるのは、注射のおよそ二週間後から5~6ヶ月くらいではないかという結果があります。

お酒に含まれるアルコールやお薬、色々な食品添加物等の成分を酵素によって分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と呼び、肝臓が行うとても重要な仕事のひとつだと言えるでしょう。

いろいろな働きをする肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多量に付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変だけではなく、ありとあらゆる健康障害を誘引する危険性が高いと考えられています。

数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非常に強靭で軽量なのに耐久性に優れており、水に濡れてしまっても壊れずに使用できるという取り柄があるため、現在用いられるギプスの定番と言っても言いすぎではないでしょう。

味覚を正常に保つ働きがある亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の組成に働く酵素とか、細胞・組織などの代謝機能に不可欠な酵素に加えて、約200種類以上もの酵素を形成する要素として大切なミネラル分だと言われています。

吐血と喀血はいずれにしても口腔から血を吐くことですが、喀血というものは喉から肺に達する気道(きどう、呼吸器の一種)から血が出ることを言い、吐血というものは、胃あるいは十二指腸等の上部消化管から血が出る症状を指します。

常識で考えると骨折はしない位の微々たる力でも、骨の決まった個所だけに続けて外部からの力がプラスされると、骨折してしまう可能性があります。

暴飲暴食、体重過量、運動不足、不規則な生活、心身のストレス、老化等様々な要素が混ざり合うと、インスリンの分泌量が少なくなったり、パフォーマンスが悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病をもたらすのです。

鍼灸の鍼を気になる所に刺してもらう、という少しだけチクッとする刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスという名称の、簡単に言うと電気信号の化学伝達を発起させると言われています。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、特に手足がしびれたり、下肢の著しい浮腫や倦怠感などがよく見られ、放っておくと、重症の場合激しい呼吸困難に陥る心不全なども引き起こすことが明らかになっています。高齢者の便秘でどんな影響があるのか